Event is FINISHED

Border Sessions 〜欧州最先端の実験思考が日本初上陸。

Description

日本に初上陸する、Border Sessionsとは?

Border Sessions ボーダーセッションズは、欧州最大規模かつ最先端の“社会実験場”として認知されている国際的イベントです。2011年より一年に一度ハーグ(オランダ第三都市)で開催されています。
活動家たちが集結し、”2030年の生活の当たり前”を 具体化していく事を目的にアウトプットを続けるイベントです。未来の傍観者ではなく、未来の創造者となる事が全ての参加者に期待されています。
Future Pitch(未来ピッチ)、Summit(サミット)、Lab(ラボ)、Display(展示会)を通して、アイディアのみではとどまらない、社会実装を前提としたアウトプットを生み出しています。


当イベントについて

(ランチチケットは入場券に含まれています。現在、個別のランチチケットは販売しておりません。ご了承ください。)
オランダのBorder Sessions同様、Future PitchとSummitを中心に構成された2日間に及ぶイベントです。
参加者は1日目のFuture Pitchでインプットを行い、2日目のSummitにはテーマ別ワークショップ(午前に企業提供テーマ、午後に会場テーマを予定)で共に未来へのアプローチを模索します。
なお、2日目にLabを立ち上げた方は、新虎ヴィレッジでのプロジェクト継続の機会を得られます。Labの詳細は当日ご案内いたします。

初日の会場は、フォルクスワーゲンがつくる、ヒト・モノ・コトをつなぐ遊び場「新虎ビレッジ」。Border Sessionsが、そのオープニングを飾ります。リユースされた廃材で構成されたユニークなオープン空間に、世界の活動家たちが集います!
新虎ビレッジ https://sp.volkswagen.co.jp/shintora/

登壇予定者:
Gerrit Jan, Dnaiel Maggs, Eli Lyons, 中西 裕子, 杉原 行里, 入江 誠, Eva De Klerk, Pieter Ham, Daniel Steginga, Ian Ingram, Peter Ernst Coolen, Tim Hoogesteger, 武田 真由子, 芹澤 孝悦, 中台 澄之, 江渡 浩一郎 ほか(敬称略・日本語同時通訳付)



こんな人におすすめです
  • スペキュラティブデザイン、Well-being、Living Anywhere(場所にしばられないライフスタイル)、循環型社会などのキーワードが気になる方
  • よりよい近未来の実現に向けた社会実装に取り組んでいる方、これから行動を起こして取り組みたい方
  • "世界の先端"を知りたい方
  • 現実と未来のギャップに興味のある方、未来に向けた問いを立てたい方
  • 都市開発(地域開発)やフード、交通機能、パブリックスペースのあり方..etcに関心がある方

Border Sessions 創始者からのメッセージ

ゲリット・ヤン・ヴァン・ト・ヴィーン
「技術は単に与えられたものではありません。それは過去と現在における人類の営みの決断の結果です。人類と技術の歴史は密接に関連しています。私たちが日々使っている道具や建造物からそれらの意味を考察しない限り自分たちの存在や性格を正しく理解することは不可能でしょう。何世紀にもわたって、生活インフラとして利用されてきた技術の蓄積が、現代のデザインやアプリケーションがもたらす様々な”結果”を信じられないほどに予測したり、理解することを困難にさせているのはいうまでもなく。だからこそ、私達はそれらのツールや設計を改めて研究し、哲学し、新たなアプローチで実験を繰り返すそんな姿勢をこのボーダーセッションで培っていければと考えています。」
※初日オープニングにゲリット氏の登壇を予定しています。

入江誠シェフによるスペシャルラン
レストラン全国の生産地に足を運び、選りすぐった食材を最大限に活かす料理の開発に取り組む”ARBOR(アルボア)”入江誠シェフが、Border Sessionsのためにスペシャルランチをご用意します!
FARM to TABLEをコンセプトとする"ARBOR(アルボア)" 紹介記事 https://brand-foo.com/magazine/lifestyle/arbor/
※初日ランチタイムには入江シェフのピッチを予定しています。


イベント概要

日時: 2019年10月5日(土)・6日(日) 両日10:00-18:00
参加費: 2日間通しチケット 15,000円(税込)
参加人数: 150名
会場: 新虎ヴィレッジ(1日目)・新虎通りCORE(2日目)
主催: Border Sessions 実行委員会
企画: 株式会社マグネット / 株式会社グランマ
協力: オランダ大使館 / 株式会社リクシル / 株式会社丹青社 / モノ:ファクトリー
公式サイト: https://www.bordersessions.jp/
問合せ先: info@bordersessions.jp


プログラム


Future Pitch
アート、ロボティック、ゲノム、テクノベート、シティなどをテーマに“世界の先端” を知ることができる。総勢16名(予定)のゲスト登壇者による、20分毎のプレゼンテーションライブを実施。
オランダ、アメリカ、日本から多彩なスピーカーがピッチします。
-----------------------------------------------
日時:2019年10月5日 10:00-18:00
会場:新虎ヴィレッジ Google map
※Peatix上および2日目Summitとは会場が異なります。徒歩数分離れていますのでご注意ください。
詳細はこちら→ https://www.bordersessions.jp/program/pitch/
-----------------------------------------------

Summit
ファシリテーター、研究者、有識者、企業、デザイナー、エンジニア、建築家などが中心となって”2030年の生活の当たり前”を具体化していく事を目的に、8つのテーマを研究対象として実施。
スポンサー企業と会場からの提案を受けて、テーマ別にワークショップを行います。
-----------------------------------------------
日時:2019年10月6日 10:00-18:00
会場:新虎通りCORE 1F “THE CORE KITCHEN/SPACE” Google map
詳細はこちら→ https://www.bordersessions.jp/program/summit/
-----------------------------------------------

Lab
サミットで議論されたテーマや、参加者同士で作る”欲しい未来”を具現化するプロジェクトチームを発足。新虎ヴィレッジから未来を豊かにする様々な解決策が提案される。ラボの研究成果は、その後新虎ヴィレッジにてデモンストレーション(体験)を実施予定。
-----------------------------------------------
日時:10月6日(日)〜
会場:新虎通りCORE 1F “THE CORE KITCHEN/SPACE” Google map
-----------------------------------------------

Display
新虎ヴィレッジ内のスペースを活用。PITCH登壇者の有力なプロダクトや試作品の一部の展示、パネルによる作品紹介を予定。
-----------------------------------------------
日時:10月5日(土)・6日(日)
会場:新虎ヴィレッジ 
-----------------------------------------------


規約同意のお願い
参加申し込みにあたっては必ず以下の規約をご確認・同意の上、お申込みください。
  1. BorderSessions申込規約
  2. Summit参加規約(10/6参加者のみ対象)
※リンク先のページがうまく表示されない場合があります。その場合にはページを閉じ、再度リンクを開き直していただきますようお願いします。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#477346 2019-09-28 06:37:37
More updates
Oct 5 - Oct 6, 2019
[ Sat ] - [ Sun ]
10:00 AM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
新虎ヴィレッジ(10/5 Future Pitch)・新虎通りCORE(10/6 Summit)
Tickets
Border Sessions 2日通し入場券 SOLD OUT ¥15,000
10/5(土)ランチチケット SOLD OUT ¥1,500
Venue Address
東京都港区西新橋2-16-6 Japan
Organizer
Border Sessions
52 Followers